長崎県への障害福祉に関する要望書を提出しました

2019/10/07

本日10月7日(月)、毎年きょうされん長崎支部の取り組みの一つである、障害福祉に関する長崎県への要望書を提出しました。ドリームパークからの参加者は職員3名、利用者2名。日頃障害のあるなかまが感じている”暮らしにくさ”をもとに、障害福祉の事業に関することや人権、生活の保障、災害発生時の避難や支援の在り方、長崎県障害者差別禁止条例などについて、役1時間、長崎県障害福祉課課長を交えて要望を伝えてきました。なかまの皆さんも、自分たちのことを、自分たちの言葉で伝えることができました。頑張って伝えたご褒美に、帰りの車中からは長崎くんちの龍踊やオランダ船を覗くことができました。

これからもドリームパークは障害のある人の生活が少しでもいいものとなるよう、様々な取り組みを継続していきます。