大雨被害

2018/07/09

先週の台風と大雨により、全国では甚大な被害が発生しています。長崎でも土砂崩れにより通行できない個所が何か所かありますが、幸いにもドリームパークの周辺や利用者・職員の皆さんへの被害はありませんでした。ただ、自宅がほんの数メートルずれていたら土砂崩れに巻き込まれていた・・・という利用者さんもいます。何事もなく本当に一安心です。

しかし、お隣の佐賀県伊万里市では作業所の利用者さんがこの大雨で亡くなるという痛ましい状況が発生しました。また障害のある人が犠牲になってしまった・・・守ってやることができなかった・・・そんな無力感でいっぱいです。緊急時、いつもと違う状況に利用者さんも職員の皆さんも混乱し、落ち着いて普段通りやればできることもなかなかうまくできず、時間がかかり余計に焦ってしまう・・・その状況になると十分に考えられることです。しかしこういう時にこそ本当に必要なのが地域との共生ということであるように思います。緊急時、誰しも自分のことで精一杯かもしれません。でも地域が、行政が、障害のある人や支援を必要とする高齢者の人たちにちょっとでも寄り添う余裕と意識を持てれば、きっとこのような不幸は少なくなってくるように思います。そして今回残念ながらこのような悲しい結果を迎えることになった事業所の職員の皆さんにも、思いを寄せる必要があると思います。きっと職員さんたちはその責任を重く、つらく受け止めているはずだから・・・。

ドリームパークのなかまや職員の皆さんには直接的な被害はありませんでしたが、その親類や友人が自宅への土砂の流入や浸水、避難所への避難などの大きな被害を受けている方もいます。ドリームパークとしてできることを、長崎の地からでもできることを見つけ、発信し、思いを寄せていきたいと思います。

今回の大雨に際し、福島や東京、神奈川、福井など全国からご心配いただきました。自分たちも大雨が降り続いて避難勧告や避難命令が発令されている京都や兵庫、広島、鳥取からも「大丈夫?」というご連絡をいただきました。「そっちこそ大丈夫?長崎どころではないやろう?」と言いながらも、全国の皆さんが長崎にも思いを寄せてくださっていることに、励まされ勇気をいただきました。本当に心から感謝です。被害がこれ以上大きくならないことを心から望みます。