わすれない~3・11の10年~

2021/03/11

今日で東日本大震災の発生から10年が経過した。初めて福島県南相馬の地に足を運んだ時の、地震と津波の被害の甚大さ、そして福島第一原発事故による人通りのない町の風景・・・今でも鮮明に瞳の奥に残っている。

10年という時の流れで、いろいろなことが変化してきた。被害を受けた建物や道路などは整備され、住民の笑顔も少しずつ戻ってきた。しかし、これで復興が十分進んでいるとは感じられないのは何故だろうか・・・?それはフクシマの未だに10年前から全く前に進めていない現実を現地で目にしてきたから・・・。

この10年自分自身、何をしてきたのだろうか?物やお金だけでは解決できない、放射能という見えないものと戦う現地の皆さんの思いに、どう向き合ってきたのだろうか?

ただ一つ自信をもって言えること。それは決して「忘れていない」という一言。そしてそれは、これからもずっと継続させていくということ。

ドリームパークという法人としてははもちろん、そこで働くスタッフや利用者一人ひとりが、現地に思いを寄せ、忘れず、寄り添い続けていきたい。その思いを確認する今日でありたい。