長崎原爆の日

2018/08/09
ロゴ

今日、8月9日は長崎原爆の日です。73年前の今日、午前11時2分、長崎の浦上上空に原子爆弾が投下されました。さっきまでの笑顔や当たり前の風景が、一瞬にして焼き尽くされてしまいました。多くの人の命が奪われ、今でも多くの人がその後遺症に苦しんでいます。

長崎で生まれ育った私たちは、小さいころから8月9日のことを耳にし、考えてきました。小学校の夏休みの期間中も、この日は登校日であり、平和学習会があり、被爆者の方から話を聞いたり、映画や写真を見たりしてきました。正直、小学生の頃は平和の意味を深く考えるまでには至らず、ただ、8月9日は長崎に原爆が落とされた日なんだなぁ・・・程度でした。今の小学生もはじめのころはそうなのではないかと思います。もちろん、小さいころからしっかり考える子供もいるでしょうが・・・。しかし大切なのは、はじめはどんなに感じようと、実際にあった悲惨な出来事から目をそらさず、そのことに触れ、何かを感じ続けることだと思います。

自分自身、社会人になり、職場の仲間や家族など、周りに自分が守らなければいけない人が増えてくることによって、平和の大切さを実感してきました。大切な人の笑顔をいつまでも見ていたい、大切な人といつまでも一緒に過ごしたい・・・。そんな当たり前の風景が、いつまでも当たり前のこととして継続されていくこと。このことが平和の本来あるべき姿なのではないかと、今日、午前11時2分に黙とうをささげながら思いました。皆さんにとっての平和とはどんな姿なのでしょうか…?是非、6月23日や8月6日、8月9日、8月15日といった日に考えてみませんか。