きょうされん全国大会

2018/10/01

9月21日~22日、京都で開催されたきょうされん全国大会に参加しました。参加者4500人、ボランティア800人という大規模大会に終始圧倒されました。

初日はメイン会場の国際会議場で、障碍者権利条約成立時の議長や委員長によるシンポジュームに参加。内容はちょっと難しいものでしたが、ヘッドホンを使っての同時通訳は、初めてでとても貴重な経験となりました。

2日目は朝から利用者交流分科会に参加する人と、なかまの観光に参加する人に分かれて活動。利用者交流分科会では障害に関する制度について、全国のなかまのレポートを聞いたり、自らのレポートを発表したり・・・。全国のなかまの熱い思いを共有しながら、これから取り組まなくてはいけないことを見直すことができました。なかまの観光では東映太秦映画村を見学。途中、なんと俳優の成田凌さんの撮影現場に遭遇。握手もしていただき大感激。調べてみたらこの日がクランクインの映画撮影だったとか・・・。他にも映画村の中のたくさんのセットを楽しんだり、映画村の入り口ではお侍さんとのちょっとした絡みがあったり・・・。時間が経つのも忘れて、タイムスリップを楽しみました。

大会が終わり23日の日曜日には京都観光。車いすのなかまもいて、移動に不安があったものの、さすが観光先進地・京都。京都駅前のバス停や観光地近くのバス停には係の人がいて、車いすの人がスムーズに乗車できるようにサポートしてくれました。おかげで清水寺や銀閣寺といった世界遺産を巡ることができました。ただ。清水寺も銀閣寺も坂道が多く、車いすを押していくのはなかなか苦労しましたが・・・。同じ観光地で世界遺産登録もされた長崎も見習うべき点がたくさんある様に感じました。

などなど、たくさんの楽しいことを経験しながらの京都の旅も無事に終えることができました。個人的には24日が休みで助かった!!

来年の愛知大会ではどんな珍道中が待っていることでしょう!?今から楽しみです!!

京都の旅の様子はフォトギャラリーでも